広島優勝!

広島カープが25年ぶりにセリーグ優勝しました。広島や楽天など地方に根付いたチームが優勝すると地域が盛り上がりますね。

ところでこういう時に注目されるのが「優勝セール」ですよね。今回の広島でも優勝セールに無理矢理ご主人を連れ出す奥さんの姿なんかがニュースになっていました。

その一方で弁護士会が相談料を無料にしたり理髪店が髪を赤色にカラーリングした人は無料等珍しいサービスも広島では行われています。

そこで他の球団が優勝したら優勝セールでどんな珍しいサービスが出来るかを考えてみましょう。阪神が優勝したら阪神電車が安くなるとかないですかね?阪神位の人気球団だと普通じゃ面白くないですよね?また関西のもう一つのプロ野球チームオリックスはどうでしょう?

阪神以上にインパクトがある事をやらないとダメでしょう。となるとオリックスのカードローンの利息0とか利子半分とかどうでしょう?楽天が優勝した時楽天カードローンでそういうのはなかったので注目集めますよ!って無理ですよね。

 

ルールなどは見逃がさないよう注意

お金を借りる事は、日常生活では意外とよくあります。時には資金不足に陥って、誰かから借りることはあるでしょう。

ところで多くの方々は、たまにルールに関する事柄を見逃しています。それを見落としてしまいますと、後になってトラブルが起こり得るので、注意が必要です。遵守すべき項目はあるのですね。

例えば、返済の期日に関するルールです。借りるための契約をしますと、たいていは書面が発行されるでしょう。契約内容を記載した書類なのですが、それにはとても大切な内容が書かれています。

一見すると、その書類は漠然としたもののように見えます。しかしよくよく内容を見てみますと、かなり具体的な事も書いているケースが多いのです。

それで肝心なのは、書類に書かれた重要な点を見逃さないことです。見落としてしまえば、上述のように問題が発生し得るからです。ですので契約時には、やはり書面に目を通すのが大切ですね。借りる時にはとかく急ぐ事も多いですが、契約内容はよく確認したいものです。

 

1万円単位などに減らしたい時は引落し等に注意

審査速報などのサイトでは、たまにおまとめローンが紹介されている事があります。それには、軽減などに関する利点があります。

そもそも人々は、毎月負担がかなり大きいと考えている事もあるのです。どこか賃金業者から借りていて、毎月2万ずつ返している状況だとします。それを2万円単位などでなく、1万円単位などに軽減したいと思うケースもある訳です。複数会社から借りる方々などは、2万前後になるケースも多いですね。上記の商品ならば、それが可能になるケースも目立ちます。

したがって負担額が大きすぎると思うなら、ちょっと検討すると良いでしょう。

ただしそれを利用する場合は、引き落としなどに関する注意点があります。まとめる商品で返す方々などは、しばしば口座引き落としなどを活用していますが、時には引き落とし不能になるケースも見られます。それで延滞になってしまうと大変困りますから、少なくとも何月何日に引落手続きが行われるかは、きちんと理解しておくべきでしょう。

 

楽天市場出店に伴って様々な商品を調べてみる

事業などを営むとなると、色々な局面で借入が検討される傾向があります。楽天市場出店なども、その1つです。WEB媒体でお店を出すので、初期費用が必要なケースも多々あるでしょう。

そういった時に融資を受けるとなると、選択肢は色々あります。銀行ローンもあれば、マイカードなどの選択肢もあります。ただしトラブルローンは対象外ですね。融資商品といっても、種類は色々ある訳です。

それでどのような商品で借りるにしても、やはり様々な確認が行われる事だけは、間違いありません。基本的に事業などを営むとなると、年数はかなり重視されると考えて良いでしょう。事業年数があまり長くない法人の場合は、少々難しい傾向はあります。

逆に年数が長い法人ですと、比較的借りやすい傾向はある訳です。したがって申込をするなら、多少待った方が良い事もあります。

ただし稀に例外もあります。金融会社によっては、特別な商品を提供している事もあるので、色々調べてみるのが望ましいでしょう。

 

ビッグバンなどで重要な連絡が来る事も

金融に関わる商品にも、色々とタイプがあります。定期預金なども、もちろんそれに該当するのです。

ちなみにそれを利用するにしても、やはり金融機関を選ぶことは重要なポイントになります。各会社によって利息なども異なりますから、できるだけ高めな所を選ぶと良いでしょう。

ところで金融機関からは、たまに連絡が来る事があります。特に重要な問題が生じた時には、その傾向が顕著です。

というのもこのお金に関わる業界では、たまに重大事件が発生する事があります。ビッグバンという表現が使われるケースも、たまにあるでしょう。いかにも大規模な表現ですが、大きな変化が生じる事もある訳ですね。

ただそういう時は、基本的には金融機関から連絡が来る事になります。連絡1つで、大きな問題点を回避できるケースもあります。それで金融機関からの連絡などは、できるだけ見逃さない方が良いでしょう。時には重大なニュースが含まれている事もありますが、見落とし対策などは重要と言えます。

 

所得証明書不要が増えてきた

金融機関でお金を借りる際に、本人確認書類の他に、収入の証明が出来る、所得証明書の提出が一般的ですが、最近では所得証明書不要というカードローンが増えてきています。その傾向は消費者金融だけではなく、信販会社や銀行などにも見られていて、借りる側からしても便利になってきました。

所得証明書類などは普段は必要になる機会もそうそうなく、持ち合わせていない場合の方が多いので、役所や職場などから取り寄せなければいけない事が結構な手間となっているので、不要であれば一番楽ではないかと考えています。

そもそも何故、所得証明書が必要かという所ですが、審査を行う過程でお金を貸すかどうかの判断を金融機関で全て見極めていたという所が背景にあります。

しかしながら最近では、貸金業法の改正や、総量規制と言われる、多重債務者を減らす名目で、融資は年収の3分の1までという規制がかかったことの影響が大きくなっているおかげで所得証明書を提出しなくても良くなってきているようです。

ですが、所得証明書不要で借りる事が出来る限度額は各金融機関毎に決められているので注意が必要です。また、審査の過程で必要になった場合は所得証明書不要の限度額以下でも提出を求められる事があります。